スタッフブログ
 
スタッフブログ
 
休診日 木・日曜日・祝日
診療時間 午前10:00〜午後1:00
午後 2:30〜午後7:00
当院は完全予約制です
 
診療スケジュール
…休診 AM…午前休 PM…午後休
 
TOOTH FAIRY

世界の子供たちに愛と夢のプレゼント

ホーム > 診療メニュー > マイクロコルチコトミー

診療メニュー

ご予約はこちらまで FREEDIAL:0120-47-7711
 

マイクロコルチコトミーとは

コルチコトミー併用矯正治療とは、100年以上前から行われている外科併用矯正術式です。
日本やアメリカで現在行われている従来の矯正では、術後の副作用として痛みや腫れが生じます。ケースバイケースですが、数日間お顔が腫れたり、細菌感染のリスクも続きました。
当院ではこのような副作用をなくす術式を開発することに成功し、「マイクロコルチコトミー(旧:スーパーコルチコトミー)」と命名しました。
歯科用CTを使用して術前に精密な歯と骨の状態を調べておき、最小の治療で最大の効果があがるようにすることで、手術の安全性が飛躍的に高くなりました。
さらに、手術時には、歯科用顕微鏡を用いて行うので、より正確で丁寧な施術を実現することができるのです。

治療法

歯を支えている骨に外科的処置を施し、歯が動きやすい状態にします。
また、マッスルウィンズのテクニックを併用して歯や骨のコントロール性を高め、治療期間をより短縮することが可能になります。

顕微鏡手術
歯科用CT
CTによる3D画像
 

コルチコトミーの発展

1892年 L.C.Bryanがアメリカ歯科学界(当時はヨーロッパで開催されていた)において発表。
1893年 G.CunninghamがBryanと同じ術式で治療したケースについて報告。
1959年 H.Koleが過去の業績をまとめ、コルチコトミーによって矯正治療期間が短くなり、骨がしっかりして、歯の安定に役立つと述べている。
2000年 アメリカのW.M.Wilcko,M.T.Wilcko,D.J.Fergusonがコルチコトミーの研究を発表し、Koleの考えと異なる新しい歯牙移動の概念を発表。
2005年 中川がAcademy of Microscope Enhanced Dentistry総会にて歯科用顕微鏡とCTを用いたスーパーコルチコトミーを発表。
2007年 中川がPeriodontics & Restorative Dentistry 国際シンポジュームにおいてコルチコトミー及びスーパーコルチコトミー後の骨の状態について新しい知見を発表。
2013年 中川が日本顕微鏡歯科学会にマイクロコルチコトミーと痛みについて発表

マッスルウィン小児矯正

  •  48歳 主婦
スーパーコルチコトミー手術のあと、腫れも痛みもなく終わりました。歯肉の中からプチプチと新しい細胞が出てくる感じでした。予定より早く4ヶ月できれいになり、ありがとうございました。
  •  25歳 OL
こんにちは。お久しぶりです。治療が終わってから、だいぶたちますが、いまだに鏡を見ては歯並びにうっとりしています!やって良かったと本当に思います。
これからもご活躍をお祈りしております。
  •  28歳 OL
私が矯正を行ったきっかけは、歯が重なりあっているため磨きにくく同じ場所が何度も虫歯になってしまうこと。また、噛み合わせも悪く、多少出っ歯でもあったからです。
矯正といえば「時間がかかる」「痛い」というイメージが強く、二の足を踏んでいたのですが「このままでは将来入れ歯になってしまう」と思い切って中川矯正歯科クリニックへ相談におとずれました。十分なカウンセリングの後、簡単な外科手術を行うコルチコトミー併用の矯正を行うことにしました。
接客業の為、手術後の腫れを心配していたのですが、それもほとんどなく、痛みもなく仕事も休まずにすみました。(はじめは硬いものが食べれずおかゆ中心にしていたので自然に痩せ、初めてダイエットに成功!)
この方法で矯正を行って良かったことがいくつかあります。まず、矯正器が外れるまでの期間が一年もかからず通常の矯正の半分ですんだこと。痛みが「全くない」と言っていい程だったこと。私の場合、普通の人より歯根が短かったので、通常の矯正よりも歯に負担のかからなかったことです。
はじめは週に一度の通院は大変かな?と思いましたが、歯の動きが早くどんどんきれいになっていくので、全く苦にならずむしろ楽しんで通院できました。
毎回磨きの残しがないかもチェックし、歯石の除去もして頂いたので虫歯になることもありませんでした。
また、歯の並びを良くすると同時に口の周り、舌の筋肉の強化運動の指導・計測も行っていただいたので、顎のラインがスッキリ!(もしかしたら、これが一番うれしかったかも・・・)
口になかに装置を付けるといいのははださえストレスのたまるものなので、短いスパンで通院し、細かい不安も相談しながら良い信頼関係を持って行って頂いた事が、私にとって「矯正」と上手につきあう最大のポイントだったと思います。
ホーム院長からのメッセージ院内の紹介治療の流れ診療メニューSmile美力up
皆さまのお声治療が終わって!患者さまからのエール!Q&Aコーナーアクセスリンクお問い合わせ・メール