診療時間

 
スタッフブログ
 
スタッフブログ
 
診療スケジュール
…休診 AM…午前休 PM…午後休
 
TOOTH FAIRY

世界の子供たちに愛と夢のプレゼント

ホーム > ブログ > バックナンバー > 2009年04月

ブログ

 
2009年04月
2009.4.10(金) 徳島中学校オーケストラ部
徳島中学に入って、オーケストラ部にすぐ入部しました。トランペットを希望したのですがクラリネットになりました。先輩たちはすごく上手で3年有井先輩、2年辻先輩にはお世話になりました。有井先輩はすごいテクニックで驚きました。ほとんどの部員は中学校に入って始めて楽器を手にする生徒がほとんどで(バイオリンは小学校から始めている人もいましたが)中学校の3年間でベートーベンの「運命」を演奏するまでに上達させるのが顧問の先生の目標でした。毎日新聞社主宰の全国音楽コンクールで毎年関西地区1位、全国で2位3回、3位2回だったので1位を目指して猛練習をしていました。NHKが入ってきて、地方録音審査という形式になり、大坂フェスティバルホールのコンクール出演が無くなり、構成人数制限(30名まで)となってオーケストラ編成ができなくなりました。顧問の先生のお気持ちはさぞかし残念だっただろうと思います。中学の3年間は毎日放課後から夜遅くまでクラリネットの練習に明け暮れました。有井先輩に追いつこうと一生懸命でしたが、ついに追つくことができませんでした。有井先輩は36音符のパッセージを吹きこなしていたと顧問の先生から教えられました。でも素晴らしい3年間でした。
徳島中学校
http://tgn.tcn.ne.jp/~tokushima_jh/
2009.4.7(火) 内町小学校 東明先生
 内町小学校の思い出は沢山ありますが、なんと言っても5年6年もちあがりの担任であった東明先生が一番です。以前は内町小学校は徳島駅の前ににあり、明治4年(1871年)創立138年になります。私たちが通った木造校舎は今は無く、駅の裏側に新築移転しました。公立の学校なのにスパルタ教育というか、国語は東明先生、理科は阿部先生、体育、算数など教科ごとに担当の先生が異なっていました。東明先生とはよく衝突しました。「何で、こんなに厳しくするんですか」と聞くと、先生は「私はあなた方の教育に命をかけているのよ」と言われ、私は無言のままでしたね。中学校に入った時、分かりました。中学3年間で学習する「詩」はすべて 東明先生が内町小学校で教えてくれていました。「中川君、あなたの詩をだまって朝日新聞に投稿しておいたの」「もうすぐ本が届くわよ」朝日新聞社から本が届きました。
「小さな目」という朝日新聞の大坂版の児童詩の欄に掲載された数万を数える詩の一部をまとめて出版した詩集でした。
東明先生のお姿は今も鮮明に残っております。そのご恩は海よりも深いものです。
内町小学校 
http://tgn.tcn.ne.jp/~uchimachi_es/
ホーム院長からのメッセージ院内の紹介治療の流れ診療メニューSmile美力up
患者さまからのエール!Q&Aコーナーアクセスリンクお問い合わせ・メール