診療時間

 
スタッフブログ
 
スタッフブログ
 
診療スケジュール
…休診 AM…午前休 PM…午後休
 
TOOTH FAIRY

世界の子供たちに愛と夢のプレゼント

ホーム > ブログ > バックナンバー > 2008年05月

ブログ

 
2008年05月
2008.5.21(水) 小児期の矯正の大切さ 咬合誘導の考え
6月に母校の日本大学歯学部で小児期の咬合管理というテーマで講義をすることになっている。

講義の内容を下調べしているこの頃です。
去年は、過剰歯、埋伏歯など外科的治療の講義だった。
小児期は乳歯から永久歯に変わる変化の大きい時期で、また咀嚼・嚥下・発音・呼吸など正常な機能を獲得する大切な時期。
「咬合誘導は咬合の不正を予防し、初期の不正を修正することによって、正常な咬合へ誘導することである」新潟大学・野田先生

相模大野で矯正歯科を開業して20年を超えたが、まさに野田先生の言葉の重みを感じてなりません。人間の臓器の中で、口腔ほど変化が大きく・年数をかけて成人の状態になる器官はないのではなかろうか。(間違っていたらゴメン。)

小児期の反対咬合や上顎前突の骨格を咬合誘導の概念で治療し、時間はかかるものの、お顔のバランスが良くなる結果を見たとき
言い知れない喜びを感じる。

この喜びを、歯科学生に伝えようと思う。
ホーム院長からのメッセージ院内の紹介治療の流れ診療メニューSmile美力up
患者さまからのエール!Q&Aコーナーアクセスリンクお問い合わせ・メール